山形県作業療法士会

県学会

第28回山形県作業療法学会のご案内

学会長 佐藤さとみ
実行委員長 村山眞理子

拝啓 盛夏の候、会員の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
また、COVID-19の影響により会員の皆様も、職務や生活に不便を強いられていることと思います。一日も早い終息と安寧の日々が来ることを願うのみです。士会においても去る5月16日、17日開催予定だった第27回学会が、やむをえず誌上学会となりました。久保田英司学会長はじめ実行委員の皆様のご苦労をお察しいたします。

さて、第28回山形県作業療法学会の日程が決まりましたのでご案内申し上げます。第28回学会は、来たる令和3年5月8日(土)に『人は作業で生かされている』をテーマに開催いたします。日々の人間としての営みも、手足などの身体を使うこと以外の五感を使った営みも、すべてが作業であり活動です。その営みがアイデンティティをもたらし、生きているという実感に繫がるものだとしたら「作業」=「人」ということであり、それを支えることを「わざ(業・技)」とする私たちの職業は、人の根幹に関わる非常に意味深いものといえるのではないでしょうか。「生きる」という主体性から「生かされている」という受動的なものとして受け止めることは「感謝」という謙虚さをもたらします。今学会は、私たちの「わざ(業・技)」を、人が生きていく上でなくてはならないもの・人を生かすものとして、作業療法の本質を考える機会になれば幸いです。

特別講演でお招きする石川佐智子先生は、作業を幅広く対象者の方々に提供し、対象者の方々のアイデンティティを支えておられる作業療法士です。また、教育講演の平山和美先生は、高次脳機能障害を深く研究してこられた著名な方であり、最近の知見やトピックスなども加えて興味深いお話を頂戴する予定です。

尚、開催概要ならびに演題募集要項、チラシを同封させていただきました。多くの方々の参加および演題発表をお待ちしております。

参加された皆様にとって意味深い時間を共有し、学会に参加するという「作業」や演題を発表するという「作業」も含めて「生かされている」ことに向き合う時間になりますことを願っております。

敬具

学会チラシ

第28回 山形県作業療法学会

学会名
会期 令和3年5月8日(土)
会場 山形国際交流プラザ 山形ビッグウイング
〒990-0076 山形市平久保100
TEL 023-635-3100
URL http://www.convention.or.jp/bigwing/
テーマ 人は作業で生かされている
学会長 佐藤さとみ(社会福祉法人 恩賜財団済生会 山形済生病院)
実行委員長 村山眞理子(寒河江市役所 高齢者支援課)
日程・プログラム 一般演題、教育講演、特別講演、機器展示等を予定しております。詳しくは学会開催概要をご覧ください。
参加登録 参加申し込み方法は詳細が決まり次第お知らせいたします。
参加費 会員 3,000円(県士会会費未納者は6,000円、準会員は無料)
※参加費は、事前支払いになります。
※令和2年度県士会会費未納の方は、金額に差異が生じますのでご注意ください。
※事前に振り込まれた参加費は、原則的に返金できませんのでご了承ください。
※新入会者は、事前参加申し込みを原則としますが、当日受付も可能です。
参加費(3,000円)は、当日徴収となります。
※COVID-19感染症予防のため、山形県士会に所属していない方、他県士会の方、他団体会員、準会員外の学生は参加できません。
演題登録 演題募集要項をご確認の上、ご応募ください。多数のご応募をお待ちしております。
演題申し込み期間:令和2年9月1日〜10月末
抄録提出締め切り:令和2年12月末
諸規定 準備中
宿泊・懇親会 宿泊が必要な方は、各自手配をお願い致します。
懇親会は、COVID-19感染症予防のため中止とさせていただきます。
学会に関する
お問い合わせ
第28回 山形県作業療法学会 事務局
済生会 介護老人保健施設 フローラさいせい 鈴木裕美
〒990-8545 山形県山形市沖町79番地1
Mail:yamagataot.gakkai28@gmail.com

お知らせ

2020/08/05
第28回県学会のページを更新しました。
学会開催のご案内学会チラシ学会開催概要学会演題募集要項を掲載しました。
2020/07/08
第28回 山形県作業療法学会のページを開設しました。